RSS取得
『アンフェア』は、関西テレビ放送制作により2006年1月10日から2006年3月21日まで、火曜日22:00〜22:54(初回は22:10~23:14、最終回は22:15~23:24)(JST)にフジテレビ系列で放送された篠原涼子主演のテレビドラマ。 原作は、秦建日子の小説「推理小説」。最初の事件のみ原作を扱って描かれており、中盤以降の2つの事件はドラマのオリジナルシナリオである。 テレビシリーズ アンフェア 全11回(2006年1月10日〜2006年3月21日) テレビスペシャル アンフェア the special 『コード・ブレーキング〜暗号解読』(2006年10月3日) 劇場版 アンフェア the movie(2007年3月17日公開)

アンフェア the movie DVD発売!

アンフェア the movie
アンフェア the movie

[内容解説]

 復讐の連鎖に終止符を打つため、雪平の最後の闘いが今、始まる。

 雪平(篠原涼子)の娘が入院している病院がテロリストに占拠された!

SAT隊にも屈しない頑強なテロリストたち。彼らの要求は「警察庁が機密費を不正流用してプールした裏金80億円を2時間以内に用意せよ!」というものだった。最大の人質は、来院中だった警察庁長官。裏金の存在を明らかにしたくない警察とテロリストのリーダー後藤(椎名桔平)の緻密に仕組まれた頭脳戦の攻防。テロリストの真の目的を探る公安部の斉木(江口洋介)。そして、事件に巻き込まれた我が子を救い出そうとする雪平。命を賭けた最後の闘いが始まった…。